FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オープンクリニック

来る3月7日にオープンクリニックがあります。
まだ少しだけ枠がありますので、ご希望の方はすぐに(!)
お申し込みください。

以下ライフスクールHPより転記


~~~~~~~~~


ヒーリング・クリニック
無料ヒーリング希望者募集のお知らせ
2010年は以下の日程で実施されます

3月7日(日)、8月1日(日)、11月28日(日)




 ハンズオン・ヒーリングは、ホリスティック医療の一環として、人間の生命エネルギー場(ヒューマン・エネルギー・フィールド)を通して肉体と心に働きかけ、癒しを促す療法です。
 アメリカでは現在、国立補完代替医療センター(NCCAM)など政府機関、デューク大学、ウエイク・フォレスト医科大、ジョンズ・ホプキンス医大、アリゾナ州立大医学部などの大学病院、またシカゴ子供記念病院やオハイオ州アライアンス統合医療病院など多数の病院で、ハンズオン・ヒーリングを医療と併用する先進的なアプローチが進められています。
 ライフスクール/School of Healing Arts and Sciencesの専門課程であるハンズオン・ヒーリング科では、2000年より、欧米水準でコンプルメンタリー・メディスン(補完医療)の枠組みで活動できる、ハンズオン・ヒーラーの養成を行っています。 
 2002年からは、学生の教育臨床実習の一環として、一般の方をクラスに招き、講師の指導のもとに学生がヒーリングを行うクラス内クリニックを実施してきました。
 スクールでは、専門的な形で仕事のできるハンズオン・ヒーラーの養成と合わせて、社会奉仕活動の一環として、子供やお年寄り、障害のある方、介護を受けておられる方と介護を行っておられる方、その他手助けの必要な方々が無料でハンズオン・ヒーリングを受けられる場を作ることを目指しています。
 このためのステップとして2008年12月より、一定のカテゴリでクライアント(ヒーリング・セッション希望者)の方を募集し、定期的にヒーリング・クリニックを開設しています。
 セッションにあたるのは、ハンズオン・ヒーリング科の学生とインターンです。学生は、トレーニングの入学に先立つ最低2年から3年の教養教育と、入学後、2年から4年程度の専門トレーニングを受けています。インターンは、専門課程で4年以上の訓練と経験を積み、プロとして仕事を開始している研修中のヒーラーです。
 クリニックは、当面の準備期間を経て、社会奉仕活動と学生の訓練・研鑽の場を兼ねたフルスケールのコミュニティ・ハンズオン・ヒーリング・クリニックに移行することを目指しています。
 また、クリニックで実践経験を積んだ学生や卒業生が十分確保された時点で、医療や介護機関へのボランティア・ヒーラーの派遣といった可能性も見込んでいます。



ヒーリング・クリニック
2010年3月の募集内容
●「五十・四十肩&慢性肩こりのヒーリング」
●「身体のマヒ症状のある方のサポート」
●「65歳以上の方の心身のバランス・サポート」
●「子供のヒーリング」
●「医療関係者のためのチャージ・アップ」

日程  2010年月3月7日(日)

* 事前に予約要(無料)

 
 「肩のヒーリング」では、慢性の肩こりや五十肩・四十肩、および類似の症状(過去の故障や怪我の後遺症、慢性的に肩や腕が上がらない、可動範囲が狭いなど)のある方を対象としています。
 「身体のマヒ症状のある肩のサポート」では、原因に関わらず、体の動きに不自由を感じる方を対象に、エネルギーをバランスさせ、リラックスした状態で自分の体とのつながりを再経験するのをサポートします。
 「65歳以上の方の心身サポート」は、年齢以外に条件はありません。キレーションを中心としたハンズオン・ヒーリングで、「心身に生命エネルギー(=「気」)が満ちあふれた、『元気』な状態」を経験していただきます。
 「子供のヒーリング」は、子供のための優しいエネルギーのバランス・ヒーリングです。
 「医療関係者のためのチャージ・アップ」は、医師、看護師、各種療法士など医療に従事する方で、「ハンズオン・ヒーリングがどんなものか体験してみたい」と思われる方に、キレーションを中心としたハンズオン・ヒーリングを経験していただけます。
 あらかじめヒーリングについての知識等は必要ありません。セッションは30分から60分程度、無料です。また継続その他の義務は一切ありません。

 キレーションは、「近代ハンズオン・ヒーリングの母」ロザリン・ブリエール博士により世に出され、現在世界中のヒーリングスクールで基本のプロトコルとなっているハンズオン・ヒーリングの手法です。当校では、ブリエール博士の「肉体に焦点を置く」本来のキレーションを忠実に実践し、これには心身のバランスを穏やかに整え、生体エネルギーを充実させる効果があります。
 クリニックは特定の病気症状の治癒を約束するものではありませんが、なによりハンズオン・ヒーリングを通してクライアント自身の「治る力」「健康になる力」を強め、肉体が自らバランスをとり戻し、本来あるべき健康な状態に戻ることをパワフルにサポートします。



申し込み方
 参加ご希望の方は、お住まいの地域、希望カテゴリ(「肩の症状」「65歳以上」「子供」「医療関係者」)と、健康状態を簡単に書いてメールしてください(医療関係者の方は、お仕事の種類もお願いします)。ご家族の方が同伴されるお子さんと65歳以上の方については、代理の申し込みも可能です。 
 こちらまで → office-lifeschool@blue.nifty.jp
 お申し込み受け付け後、プログラム・コーディネータより詳細をご案内します。

<重要> 
 重い病気や慢性症状などがある方、および病院からの退院直後などで症状のまだ安定しない方は、必ず先に医師の診断を受けた上で、必要に応じてプロのレベルで仕事をしているヒーラーに相談してください。  推薦リスト

 ハンズオン・ヒーリングは、医師の診断や治療にとって代わるものではありません。ハンズオン・ヒーリングは、医療と組み合わされてベストの効果を発揮する「Complementary Medicine(補完医療)」の一分野です。



臨床データ収集に協力のお願い
 クリニックでは、ハンズオン・ヒーリングの信頼性を高めるための臨床データの収集にご協力をお願いします。収集されたデータは守秘義務に基づき、名前を含む個人情報は外部に公開されることはありません。統計データとヒーリング結果についてのデータのみが、臨床リサーチ(よりよく、効果的にヒーリングを行うための研究)や論文執筆等のために用いられます。



--------------------------------------------------------------------------------

<この案内ページを印刷用にダウンロードできます (PDFファイル準備中、少しお待ちください)>


--------------------------------------------------------------------------------


参考


・ライフスクールのヒーリング教育について 
・エッセイ「ヒーラーの道のりとトランスパーソナル」


推薦書籍
ハンズオン・ヒーリングについて
 ・ロザリン・L・ブリエール博士著 『光の輪』(太陽出版)
 ・バーバラ・アン・ブレナン著 『癒しの光(上)(下)』(河出書房新書)

プロフィール

greenbird

Author:greenbird
ハンズオンヒーリングやフラワーエッセンスの勉強をしながら静かにジーっとなかをみてる最中。
transformationがすきかも。

お友達リンク

僕らはみんな生きている♪

みつばちさん達と一緒に作ったBee Essence

ヒーリング アスクレピア

はねやすめの時間

イーリス

The Sea Priestess

フラワーエッセンス&ハンズオンヒーリングSeeds of Angelica

お庭の周辺

猫の自然療法

tomomi ukumori

太陽のほほえみ

Sage & Spirit

Angel Cafe

~ 風 ふふふぅ ~

Hands-on Medical Healing

ヒーリングガーデン ホルス

メールフォーム
半額券orセッション申し込み

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。